2019年4月11日木曜日

桜を描く為少し南へ赴く。
安曇野はまだつぼみだが、山梨県は長野より桜前線が低く先に咲く。

昨日の大雪は山梨方面にも及んでいたため、場所によっては積雪の桜となっていた。
雪と桜は幻想的な響きだが、日に照らされた雪の輝きは桜を暗くくすんだ色に見せてしまう。
そこで雪の積もっていない場所を探すため辺りを彷徨うことになってしまった。


色々探した結果、今回はこれまで描いていない富士山を入れた構図で描くことにしてみた。
富士山は日本人の自分にとって風景の対象としては特別なものになり、これまで中々描かなかった。
しかしここ数年毎年桜を描き続けてきた流れから、今回は富士山というものも自然と組み合わせて画面の中に描く事ができたと考えている。


2019年4月8日月曜日

飼いヤギに手をかまれる

じゃれて手を舐めていたヤギに指を噛まれた。

2019年4月4日木曜日

仔ヤギ誕生

先月末飼っていたヤギの子供が生まれた。
二匹草刈り要員が増えた。


2019年3月21日木曜日

水戸京成百貨店

個展のお知らせ。

4/18 - 4/24(最終日5時閉廊) 水戸京成百貨店



茨城県は親の実家があり小さい頃よく行った経験がある。
北茨城の山のあたりで川釣りをしたり、田植えを手伝っていた(ほぼ遊んでいたが) 経験から風景に興味をもつ切っ掛けとなり今へと繋がったのかもしれない。

2018年9月8日土曜日

日本橋三越個展

2018年9月12日(水) ~ 2018年9月17日(月) 最終日は午後5時閉場
日本橋三越本店 本館6階 美術サロン

https://www.mitsukoshi.mistore.jp/nihombashi/shops/art/art/shopnews_list/shopnews03711.html


2018年8月30日木曜日

無言館

長野県上田市にある戦没画家の作品・遺品を展示されている場所。
訪れるのは二度目となる。
一度目は安曇野に引っ越す前、旅の途中偶然見つけて立ち寄った。

今回は個展直前で制作に余裕はあまりなかったが、ふと行こうと思った。
家族で行き、次男はまだ4歳で分からないと思うので妻と外で遊んでいることにし、長男と入った。
息子は全て理解することは難しいと思うが、感じるところはあったと思う。

2018年5月24日木曜日

新しい季節の知らせ

人それぞれ季節の訪れを感じるとき、気温だけでなく鳥や虫の鳴き声、草花の匂い、または毎年ある出来事などあると思う。自分などは夏の夜の虫の音を聞くと何とも言えない季節感が生まれる。

安曇野では今月初めの温かい日に外でギーギー・と楽器の“ギロ”を鳴らすような音があちらこちらで聞こえ始めた。
まだこの時期に蝉など鳴くはずがないと思っていたが、調べてみるとどうやら「ハルゼミ」というものがいるらいことが分かった。

夏の夕暮れに聞けるヒグラシも良いが、このハルゼミというのもこれから季節を告げる音になるのかなと思った。

ハルゼミ 
(画像 https://hanasjoho.com/archives/115より)